藤沢市湘南ライフタウンで整体なら健康壱番館なかついへ!

TEL.0466-88-6854 (完全予約制)

〒252-0816 藤沢市遠藤887-18

患者さまの声
このエントリーをはてなブックマークに追加
患者さまの声 足首捻挫 Cさん (藤沢市大庭在住 70代女性
始めは「足首捻挫」で友人の紹介で治療に通いました。現在は定期的に蘇生術を受けています。「足首」「お腹」を冷やさないことを教えられ、この冬は足の冷えが軽くてすみました。いろいろアドバイスを頂き、体の仕組みがよく理解でき、健康維持に役立っています。
 

患者さまの声 難聴・耳鳴り Bさん(藤沢市大庭 40代女性)

平成18年に急に左耳がポワーンとしました。一晩眠れば治るだろうと思い朝を迎えました。閉塞感とともに音が聴こえません。病院で突発性難聴と診断を受けて2週間の投薬治療をしました。高音が耳の中キンキン響くのに、音は聴こえず閉塞感も強く残りました。病院ではこれ以上の治療はできないとのことでした。このままでは・・との思いからいろいろな治療院に連絡を取りました。やっと自分の身体に合いそうな治療法(蘇生術)たどり着いたのがなかつい先生(健康壱番館)のところでした。1週間に3-4日を一か月くらい通いました。正直どこに効いているのか自覚がありませんでした。2か月3か月目は週2ペースで通いましたがやはり大きな変化はありませんでした。5か月目位から「あれ、少し聴こえたような感じがする」という日が何度かありました。6か月目に入った10月ごろ耳の閉塞感がなくなり、「あれ、から、あっ!治っている!!」という自覚があり、聴力もほぼ正常に戻っていることが病院の検査でわかりました。本当にうれしく思い、感謝しております。それ以来8年肩こり、背中のコリなど身体全体の調整をしに通っています。また椎間板ヘルニアもだいぶ良くなりました。「必ず治りますから頑張りましょう」といつも励ましてくださり有難うございます。
40代から50代になりました。


患者さまの声 背中の痛み脚の冷え Mさん(藤沢市湘南ライフタウン 30代女性)

10年以上悩まされていた足の冷えがだいぶ改善され、今年の冬は足を暖めてからでなくても夜眠れるようになりました。


患者さまの声 膝の痛み Uさん(藤沢市湘南ライフタウン 60代女性)

膝に水がたまり、整形外科を受診したが始まりで、それから水がたまれば抜き、痛み止めと,注射の繰り返しの日々が何年も続き、人工関節しかないと言われ、それは考え、整体に行ってみればと声をかけられ、整体も最初はポキポキならすというイメージがしたので、どうしようかと考えた末、思い切り受診してイメージとは全く違って三年ぐらいお世話になっていますけど、今ではすっかり水もたまらず、痛みも全くなく、これなら早く受すれば良かったと今は後悔しています。整体(蘇生術)は注射、薬もないので、体にはいいと思います。


患者さまの声 肩背中の痛み Aさん (藤沢市湘南ライフタウン 50代女性)
長い間肩こり、背中の痛みに悩み、整形外科、鍼灸マッサージ、整骨院と通いました。思う様に体が回せず、たどり着いた先が健康壱番館のなかつい先生でした。施術を受けてからは痛みも和らぎ、スッキリ感があります。生活リズムが一定ではないため、今では月一回のメンテナンスを受けて快適生活を目指しています。


患者さまの声 自律神経 Kさん (藤沢市大庭 60代女
長い間悩まされていたかたこり、頭痛が時間がかかったが治り、あれ程薬のお世話になっていたのがほとんど飲むことがなくなりました。治療中はいろいろな場所が次から次へと痛みが出て不安になった時期もありましたが、時間をかけてゆっくりながらも痛みが和らぎ、体が少しずつほぐれていくのが実感できました。また自分でストレッチ、体操をするようになり少しずつ身体の痛みをコントロールできるようになりました。まだ体調の悪いときもありますが、治療を受けている間に体が軽くなり、気持ちも楽になるのが早く感じるようになりました。


患者さまの声 肩・腰・脚の痛み Tさん(藤沢市湘南ライフタウン 40代女性
初めて治療したきっかけは二人目の出産後、体がとても痛くて、このままでは子供を見られなくなってしまうと思い受けました。治療を受けたときはこんなに軽く押されただけで治るのかなと思っていましたが、治療を受けた後は体がポカポカして痛みも改善されていました。また少しずつ悪くなり、治療をしてを繰り返していますが、治療を受けた後はとても体が軽いです。なかついさん(蘇生術)がなかったら、大変なことになっていました。ありがとうございます。

ブログ一覧

自分でできる足首を柔らかくするストレッチ

足首を柔らかくするストレッチ
足首を柔らかくすることで体全体のバランスが安定します!
1. 竹ふみを利用する(その1)
1)竹ふみ(なければ電話帳など)に片足のつま先を台に乗せる。
2)そこからゆっくり前屈する。足首からふくらはぎ、太ももの裏が伸びていきますよ。
30秒ほどキープします。
2. 竹ふみを利用する(その2)
1)竹ふみにつま先をのせ踵をあげ5秒キープ
2)5秒かけてかかとを下げ、その状態を5秒キープ

3 足首のストレッチ
1)両足の指を手で持って、手前にゆっくりと倒します。(ふくらはぎが伸びる)5秒キープ
2)両足の指を手で持って、ゆっくりと向こう側に倒し、足の甲をしっかり伸ばし5秒キープ。
3) 2-3回交互に繰り返していきます。
4 足を立てて正座
足を立てて、足のかかとにお尻をのせて正座。5秒キープ。お尻の重みで足首を伸ばすイメージで。

快適睡眠のためのヒント

快適睡眠のためのヒント 疲れを残さないためには?

睡眠の質は生活習慣を見直すことで改善できます。寝つきを良くする4つのポイント。

  1. 朝、太陽の光で体内時計を整えましょう。

起床直後に太陽の光を浴びることで体内時計がリセットされ体が活動を始めます。毎朝一定の時間に起きて太陽の光を浴びましょう。起床時間が       まちまちだと体内時計が狂い不眠を招きます。

2 .日中は活発に活動しましょう。

脳は起きている間活動を続け、睡眠物質が脳脊髄内に溜まります。次第に視床下部にある睡眠中枢が活性化して脳を休ませるために眠気がおこりま  す。日中は活発に、夜はしっかり休みメリハリを習慣にしましょう。

3. 眠る前にリラックスする「移行期」が必要 

  眠る前に交感神経(緊張)から副交感神経【リラックス】に切り替えることで入眠しやすくなります。

-就寝2時間前ぐらいに38-41℃の適温で入浴

-腹式呼吸で副交感神経を優位にする。 -寝酒は睡眠後半で眠りが浅くなるので注意

4. 休日も朝はいったん起きて昼寝を活用

  休日朝寝坊しすぎると体内時計が狂っていきます。平日の起床時間との差を2時間以内にすること。できるだけ同じ時間に起き、不足分の睡眠時間はお昼寝などで補うこと。お昼寝は長すぎると夜の寝つきが悪くなるので、2時間以内しましょう。

冬の関節痛対策。自分でできる簡単な方法!!

関節痛を防ぐ簡単な方法!
冬の関節痛対策、原因にあった対処法をしっかりチェックしておきましょう!
1できるだけ体を冷やさない
〇外出するときはマフラーで首元を温める。
〇寝る前にお布団を温めておく。(湯たんぽや電気毛布を活用)
〇冷たい飲み物より暖かいものを。生姜湯、ゆず湯など体が温まるものを。
2. ストレッチやウオーキングなどの軽めの運動を続ける
〇必ず軽い準備運動から始める。
〇歩く距離や時間は最初は短くてもOK.。少しずつ増やしていきましょう。
3. やってはいけない注意点
〇痛みを感じたときは中止して楽な姿勢で安静にすること。
〇炎症をおこして赤く腫れている、熱を持っているときは一時的に冷やす。
(慢性的な血行不良の場合は温めます。)
4. 食生活での注意点
〇年末はお酒など冷たい飲み物には注意してください。
(温かい食べ物と一緒に。)
〇関節痛を防止するため栄養バランスのある食生活は必須。毎日の規則正しい
生活リズムを作るよう心がけましょう。

夏の疲れを解消するコツとは?

夏の疲れを解消するコツとは?
なんだかからだがだるい、風邪気味症状、肩がこるなどの夏バテ症状の原因には下記のような原因があります。対処法も考えましょう。
1クーラーによる自律神経の異常を整える
〇温度設定を外気温との差が5℃以下になるよう設定。(真夏で27℃前後)
〇 冷風を体に直接当てない。
〇 除湿機能も利用する。(湿度下げると温度高めでも体感は涼しく感じる。)
2.紫外線の影響を克服する
〇紫外線が肌にあたる→細胞内で活性酸素発生→細胞の老化:抗酸化物質をとる
〇ビタミンA(レバー),C(柑橘、アセロラ),E類(アーモンド)、ポリフェノール(チョコレート)を含む植物は抗酸化力が強く、紫外線対策に!
3.食生活の乱れを整える
〇暑くても温かいものを食べたり、飲んだりすることを心がける。
〇食欲がわかないときは野菜ジュースだけでも飲むようにする。
〇お酒を飲むときは必ず胃を守るために食事とともに飲むこと。
4.睡眠を整える
〇寝る前に温度を適温にしておく。寝る1時間前から照明を暗くしていく。
〇パソコンは眠る1時間前からやらない。

自分でできるめまい解消法

日常生活の中でできるめまい改善法

〇血行を良くする食事をとる

めまいを起こす原因の一つは、内示周辺や脳の血行が悪くなり、酸欠を起こし、それぞれの器官での栄養不足にも起因しています。そのためには血液の材料となり、体を温める食材が必要です。

1.血流を良くする食材:緑黄色野菜、青魚、大豆製品など

2.血液を作る材料(鉄分):レバー、ウナギ、あさり、ほうれん草、ブロッコリー

3.体を温める食材:ねぎ、しょうが、にんにく、みそ

〇運動で治す!

運動不足により発生した、首肩のコリをほぐします。運動することでさ三半規管や脳に刺激を与えて、めまいを起こしにくくします。

1.片方の腕を伸ばし、手を握って親指を立てる。

2.親指を視点に合わせる。

3.頭をゆっくり左右に向ける(交互20回ぐらい)

4.頭をゆっくり上下に向ける(20回ぐらい)

(注意;首や肩に痛みのあるとき、激しいめまいが起こった場合はすぐ中止してください。)